膣を引き締める高周波治療ビビーブについて

ビビーブの検討する前に

ヒップ

膣の緩みに効果的とされるビビーブによる治療ですが、ビビーブが身体へのデメリットも少なく、普段通りの日常生活を送れるようになるためのダウンタイムも7日程度と短いです。ダウンタイムに起きる症状も、多少のしびれがあったりおりものが普段より増加したりする程度とデメリットが少ないのが特徴的です。膣のゆるみで悩んでいる女性から注目されている治療方法の一つで、施術を希望される方もだんだん増えてきています。海外ではメジャーとも入れる治療方法であるビビーブですが、日本国内で施術できる医療機関はまだ少ないです。理由として、まだビビーブの適切なトレーニングを受けることができている医師などが少ないといった点などが挙げられます。ビビーブは自由診療のため保険などの適応外となり自費で全て支払う必要があるため、施術費用が高いです。一般的に費用は20万程度とされていて、簡単に受けることができるような額とはいい難いです。そのため、医師との充分に検討した上で実績の確かな医療機関で治療を受けるようにしましょう。しかしながら少ないといっても、お住いの地域によっては近くの医療機関で受けることができる場合などもあります。まずはお近くの医療機関に連絡をとってみたり、インターネットなどでビビーブを受ける事ができる医療機関を探してみたりするといいでしょう。パートナーになかなか話せない内容で、かつデリケートな悩みとなるためお近くのクリニックなどで相談をして検討してみるのも一つの手です。