膣を引き締める高周波治療ビビーブについて

画期的な膣縮小方法ビビーブ

レディ

高周波治療であるビビーブの最大のメリットとしては、メスで切開したり切除したりといった手術がないことといえるでしょう。また、性行為などを控える期間であるダウンタイムも、手術やレーザー治療よりも遥かに短いです。一般的に手術では6~8習慣程度、レーザー治療では4~6週間程度とされていますが、ビビーブは一週間程度で済むとされています。また、手術などでは傷跡が残ってしまう可能性もありますが、ビビーブはメスなどを使わないため、膣内を傷つけることはありません。そのため、膣弛緩症の画期的な治療法とも言われています。同じくメスを使わない膣弛緩症の治療法としてはレーザー治療がありますが、痛みを伴い麻酔クリームなどが必要になります。ビビーブでは麻酔が必要なほどの痛みもなく、高周波を照射するのと同時に膣表面を冷やす冷却機能があるため、じっくりと高周波を作用させることができます。結果として膣の深部まで熱エネルギーを届けることができます。施術時間も短いため、予約を取ってパートナーに知られることなく治療を受けに行くことなども難しくないでしょう。しかしながらビビーブにもデメリットはあり、手術のような半永久的な改善はできません。効果の時間は約1年とされているため、継続した効果を望むのであれば定期的に施術を受ける必要などがでてしまいます。また、腸壁のコラーゲンの代謝を促して肉厚にし、緩みを改善するといった療法のため、ビビーブでは膣の筋力を鍛えることはできません。そういったデメリットを理解して施術を受けるようにしましょう。