膣を引き締める高周波治療ビビーブについて

フラワー

ビビーブに向いている人とは

ビビーブは加齢や出産直後で膣の緩みを感じていたり、緩みからくる尿もれなどで困っている方の他にも、夜のパートナーとの生活に充分な満足感を得られていない方にも最適とされている高周波治療方法です。

ヒップ

ビビーブの検討する前に

手術よりもデメリットが少なく、また効果が実感できる可能性も非常に高いビビーブですが、自由診療となりため施術費用は高額となってしまいます。お近くのクリニックで専門医とカウンセリングを行い、充分に検討した上で考えてみてもいいでしょう。

高周波治療を検討しよう

ウーマン

加齢や産後などから膣の緩みが気になる方で、腟トレを行っている女性も世の中には多くいます。そんな方はビビーブでの治療を検討してみてはいかがでしょうか。ビビーブとは高周波によって腟の引き締める治療法の一つで、高周波エネルギーを、膣に照射することで膣内部を収縮させる技術です。膣内の細胞が活性化され、コラーゲンの生成が促進されることにより、膣内部がふっくらとしてスカスカした膣のゆるみが改善されるようになります。施術も30分程度で済み、比較的短時間で治療ができるといったこともあり、最近注目を集めています。膣の奥まで広範囲の治療が可能となっていて、通常通りの生活が行えるようになるまで7日程度しかかからず、身体への負担も少ないのがメリットとされています。また、施術も1度で済むため何度も通院する必要もありません。1回の施術で、数年程度効果が持続します。また、ビビーブ自体に膣の筋力を高める効果はなく、あくまで膣壁を厚くするための医療方法となっています。膣の筋力でうまく締めることができなくなった膣の緩みを、肉厚にすることで尿もれなどの症状を防ぐといったような効果となっているため、膣の筋力をあげる腟トレなどと併用をすることで、よりよい効果を得られるでしょう。また、このビビーブについては妊娠中の方や妊娠をしている方、出産後1年以内の方などは治療を受ける事ができないため注意しましょう。手術のリスクなどもないため、お悩みの方は視野にいれてみてもいいでしょう。

レディ

画期的な膣縮小方法ビビーブ

ビビーブは従来の手術やレーザー治療と違い、メスなどによる切除やレーザー照射の際の麻酔クリームなども必要ない、痛みの少ない治療方法となっています。その反面、半永久的な効果は期待できないなどのデメリットがあります。